お腹を元気にする水溶性食物繊維ガイド

スッキリすこやかな毎日のための水溶性食物繊維なび

HOME » カラダに嬉しい水溶性食物繊維の効果 » コレステロール値を減らす

コレステロール値を減らす

水溶性食物繊維のコレステロール値を減らす効果について詳しく解説します。 

水溶性食物繊維がコレステロール値を減らす仕組み

水溶性食物繊維の大きな効果・効能の一つとして「コレステロール値を下げる効果」が挙げられます。詳しいメカニズムはまだきちんと解明されていませんが、その要因の一つに考えられるのが、胆汁酸という消化液の関わりです。

胆汁酸はコレステロールを原料として肝臓から作られる脂肪を溶かすための消化液で、細胞膜を作る・筋肉を作るホルモンの原材料・栄養分の分解・栄養を吸収するという大切な役割があります。

肝臓から十二指腸に分泌された胆汁酸は、最終的に腸壁から吸収されて肝臓に戻るのですが、途中腸内で食物繊維が胆汁酸を吸着して便として排出します。

そうなるとどうしても胆汁酸が不足してしまいますが、この時に活躍してくれるのが、血液中のコレステロールで、不足分の胆汁酸を補うための主原料となってくれるのです。

これらの工程が、結果として血液中のコレステロールを減らし、腸から吸収されるコレステロールの量を抑えることにつながるというわけです。

水溶性食物繊維はよりコレステロール値を下げる

不溶性食物繊維にもコレステロール値を下げる効果はありますが、よりその働きが強いのが水溶性食物繊維だと言われています。

それは上記のように、水溶性食物繊維が腸内でドロドロとしたゲル状となって胆汁酸やコレステロールを包み込み、便として体外に排出する仕組みを持っているためです。

水溶性食物繊維を多く含む食材には、こんぶ・ひじき・わかめなどの海藻類の他、こんにゃくやしらたき、カリフラワー・ブロッコリー・切干大根などの野菜、キウイ・バナナなどのフルーツがあります。

これらの食材を適度に食べるとともに、魚介類以外の肉類の動物性食品をあまり摂りすぎないようにすることで、コレステロールの値の上昇を抑えることができるので、健康な体を保つためにも、意識的に食事を摂るようにしたいものですね。

 
お腹を元気にする水溶性食物繊維ガイド